カレンダー
2016年5月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
カウンタ

更新遅くなりました。

2016/05/24

2016年度スタートしましたが、少々調子が悪く更新が遅れ申し訳ありませんでした。
さて、3月14日~17日は、栃木県のNSAJで昨年に引き続き合宿を実施しましたが、男子部員の不足もあり女子のみでの合宿となってしまいました。
3月18日卒業式では、和彦/将士/諒/健太郎/有紗/朝啓の6名が無事に卒業しました。
4月9日入学式には、新たに松村 誠(盛岡中央)/津志田翔子(盛岡中央)/佐々木彩華(東北)の3名が入学入部してくれました。
5月11日~12日の女子Dブロック戦では、1年生の活躍もあり優勝してCブロックに昇格しました。
5月12日~13日の岩手県アマでは、2年の仁が3位で東北アマの出場権を獲得しました。
残念ながら男子のBブロック戦は、部員不足による棄権となりました。
以上が、2016年のシーズン間もない戦績であります。

16年最初の監督の小言です

2016/02/09

平成28年度の各々予定が揃ったので、スケジュール表を埋めながら今シーズンの流れをイメージして見るのですが、5月から7月がピークとなり、9月以降は急降下で試合が無くなるパターンは例年通りであるが、ピーク時には結構な経費が必要になってくる事も見えてきますね。

2016(H28年)/申(さる)年

2016/01/08

明けまして、おめでとうございます。
また、関係各位のご健康とご多幸を、心より祈念申し上げます。
さて、昨年末から続く「好天」により、市内でも残雪が見当たらず、例年の様に仙台まで「初打ち」をしに行かなくても良い状況となっており、はっきり言って「驚き~」です。
ただし、乾燥しているため例年同様に風が冷たく感じ、ラウンドで「ちぢこまる」のは仕方ないですね。

四方山話です!

2015/11/21

アマチュア競技の後半戦は「シニア」や「ミッドアマ」等がメインとなりますが、今年の日本ミッドシニアでは山形県の権(ゴン)氏が初優勝を飾り。
日本シニアでは宮城県の大友氏が惜しくも優勝を逃し2位タイと東北勢が活躍してくれました。
そして日本ミッドアマでは、秋田県アマオープンの優勝者でもある豊島氏が初優勝。
東北代表として出場した星 健太(岩手県)・沼田光樹(宮城県)が決勝に進出し仲良く?52位タイと、まずまずの成績を残してくれたと思います。
皆さん本当にお疲れ様でした。

後半の様子について

2015/11/20

男女共にブロック戦の激闘?も終わり、帰宅後は一時的な「燃え尽き症候群」の状態となっていましたが、4年生は同時に「就活」と言う壁?も乗り越えなければならないので、可哀そうだが「鞭」を打ち込まなければ。と考えていたのだが・・・以外にも?各自それなりに活動をしていた様で早々と「終活宣言」の報告となりました。

女子秋季Dブロック戦は第4位となりました

2015/10/01

H27年9月8日~9日:初穂CC(群馬県)に於いて、女子のブロック戦(ABCD)が開催されましたが、2日目は台風直撃で中止となり1日目のスコアでの順位確定となりました。
優勝 山梨学院 144
2位 成城大学 160
3位 玉川大学 165
4位 富士大学 167(佐藤彩奈76/矢尾板有紗91)
5位 日本女子 177
6位 獨協大学 177
7位 東北学院 181
8位 中央大学 205
最優秀選手(べスグロ 山梨学院:山内 日菜子①さん 71ストローク)
※写真は、後日掲載します。
台風の影響は出発前から予め頭の中にあり、移動の車中でも「1日競技だと考えてプレーする様に。」選手には話をしていたので、2日目の中止。1日目での順位確定。何にも異存は無く、まあ~仕方ないな。と言う感じです。
また、1日目も濃霧でサスペンデッドとなり、翌早朝から残りホールのプレー再開となっていたけれども、それさえも危ぶまれる程の悪天候だったので、ま、試合が成立した事だけでも「よし」としなければならない状況であった。

秋季Cブロック戦で3回目の優勝、Bへ昇格しました

2015/09/25

H27年9月2日~3日:東京ゴルフ倶楽部において、Cブロック戦が開催され「何と」3回目の優勝を成し遂げ、再々でBブロックへ昇格する事になりました。
副主将の将士が2日間ともに4アンダーでラウンドし、トータル8アンダーと強力にチームを牽引してくれたのが勝利の大きな要因ですが、他の選手も1打を大切に考え、スコアを大きく崩さなかったことで勝利を呼び込む事が出来たと思います。

優勝 富士大学 741(376・365)
    将士 136(68・68)  和彦 145(74・71)
    仁  148(74・74)  健太郎155(79・76)
    敬人 157(81・76)  諒  163(※86・※77)
2位 慶応義塾 742(373・369)
3位 立教大学 751(379・372)
4位 東北学院 756(374・382)
5位 東海大学 759(379・380)
6位 中央大学 762(385・377)
7位 城西大学 770(380・390)
8位 学習院大 798(397・401)

最優秀選手(べスグロ 中央大:中野 貴博①君 135ストローク)
※写真は、後日掲載します。

第42回IBCカップ:岩手県アマチュアゴルフトーナメント

2015/09/16

H27年8月20日~21日:安比高原GCにおいて、IBCカップが開催され2位に山科和彦(4年)、3位には佐々木太郎(卒業生)が入賞しました。
また、大会2連覇の期待がかかった長登将士(4年)は、クオリファイ・トーナメント(QT)に参加のため出場できず、変わって前々回覇者の和彦が頑張ってくれたが、「安比で負けなし。」の高橋靖朋に逆転負けを喫してしまいました。
最終結果は、諒が152(75・77)で6位タイに入賞。健太郎が160(80・80)で30位タイと健闘しました。

第14回岩手県オープンゴルフトーナメント

2015/09/16

H27年8月7日:南部富士CCにおいて行われた試合で佐々木 仁(1年)が74(37・37)でベストアマを獲得しました。
他に一人、同ストロークがいたためマッチングでの勝利でありますが、運も実力と言われているので、この強運を引き続けていける様に頑張って欲しいと思います。

平成28年度(来年度)の新入生を募集しています

2015/07/28

来年度の新入生(ゴルフ部員)を募集しています。

①4年生が5名(男子4名/女子1名)卒業となるため、レギュラー選手になる確率が高くなっていますので、実績や戦績に自信のある方、是非チャンスを生かし有意義な大学でのゴルフ生活を送って下さい。

②実績や経験不足の方でも入部を歓迎します。実際に大学からゴルフを始めて、Bブロック戦やプロ予選会に出場した部員もいますが、基本的に大学を卒業するまでに、80を切るスコアでラウンドできる練習環境や就職についてのバックアップ体制も整っていますので、安心して進学してきて下さい。

男子戦績
2010年 春季大会C優勝(B昇格) / 秋季大会B-6位(C降格)
2011年 震災で中止          / 秋季大会C優勝(B昇格)
2012年 春季大会B-5位      / 秋季大会B-3位 
2013年 春季大会B-3位     / 秋季大会B-6位(C降格)
2014年 春季大会C-3位     / 秋季大会C-4位 
2015年 春季大会C-4位     / 秋季大会C優勝 Bブロックに昇格しました。

女子戦績
2012年 春季大会チャレンジ優勝 / 秋季大会C-3位
2013年 春季大会C-3位      / 秋季大会C-3位
2014年 春季大会C優勝(B昇格) / 秋季大会B-6位(C降格)
2015年 春季大会 棄権(D降格) / 秋季大会Cー4位となりました。